平成の習い事VS令和の習い事

自分は昭和生まれですが、就学時には平成になっていました。

当時は幼稚園で習い事をしているという子は私の周りでは珍しく、小学校に入学と同時に通信教材を始めたり、習字やスイミングに通うといった子が多かったように思います。

学校帰りに習字に寄ってそのまま公園で遊んで帰り、親は家でご飯を作って待っているというのが当たり前だったのですが・・・今は親の関与がすごいですよね。

そもそも習い事が幼稚園、ヘタをするとその前から始まっているので、親も習い事に同伴するし。

小学校に上がっても「塾までの道が車が多いから」「不審者情報があったから」という理由で1人では行かせないという方も多いです。

自分も子供を産んで今上の子が年長なのですが、ヤマハに通わせています。セノッピー

ウチはそんなに年収が高い方じゃないし、下の子もいるので習い事は1つなのですが、やってる子はもっとやってます。

体操、バレエ、英語、スイミングを習っていて平日は週に1回しか休みがない、という子もいます。

強制ではなく、本人が喜んでやっているのでそれは悪いことではないと思うのですが。

とにかく、習い事にかける費用も、時間も、昭和→平成→令和と時代が進むにつれ割合が増えてきたと思います。

ただでさえ核家族で近年の主婦は家事に育児に(中には仕事も)忙しいのに、こんな習い事の要素まで増えたら、そりゃあ手がまわらないはずです。

個人的には器用貧乏になるよりは1つのことに集中して欲しいと思っているので、今のところ複数の習い事はさせるつもりはありません。

増やすにしても1人で行き帰りしても問題なさそうな年までですかね。

あと何年先のことやら。