日本人vs欧米人の恋愛の違い

アメリカ人と以前お付き合いしていた頃の葛藤についてのお話です。

デーティングという言葉をご存知ですか?

おそらく日本人からしたら、とても理解しにくい感覚かもしれません。

日本での恋愛は、気になる相手とデートをして、付き合う中でお互いを知って発展していくパターンが多いと思います。

しかしアメリカ人と初めて付き合った時、本当にこれは遊ばれているのではないか?!と思うような感情に陥りました。

アメリカでは彼氏彼女と認め合う関係はとっても大事な事で、日本よりもかなりシビアな面がありました。

日本では先に彼氏彼女と言う関係になった後、恋人として関係が進む一方、

アメリカでは、彼氏彼女と言う関係になる前に、本当に自分に合う人なのか?恋人と呼べる仲になれる相手かと言う「疑似恋愛」的な期間があるのです。

全てのアメリカ人がそうではないのですが、知る限りデーティング期間をもっている方が大半でした。

スポーツクラブに出会いはある?アスリートと結婚したい女性は必見!

つまり、お互いが認め合える彼氏彼女になるまでは、付き合っているとは言わず、デーティングをしている仲に過ぎません。

更に言えば、そのただ1人の尊い恋人を見つけるまでのデーティング期間は、他の人との恋愛ももちろんオッケーということです。

付き合っていると言うお互いにパートナーとして認め合えるまでに、様々な経験を2人がしていくので、ある程度お互いを理解してから初めて交際と言えるのです。

一歩間違えたら、ただの遊び人のように感じるかも知れませんが、日本のようにすぐ付き合って、すぐ別れるなんて関係は少なく、

更にもし別れがやってきても、お互いにデーティング期間を経て認め合えたパートナーなので、別れてからもいい友達としてもやっていけるパターンも多いです。

日本人には馴染みのないデーティング。

日本人には理解できない面もあるかも知れませんが、

付き合うと言える関係を大事にしている、

あるいは、

お互いをしっかり見つめ合い、生涯その方と一緒にやっていけるかという、自分を大事にした恋愛の流れなのかも知れませんね。