どこで起こるか分からない災害に備えて

住んでいる地域の防災課が各世帯に防災ラジオを貸し出してくれることになりました。

ここ数年、日本列島各地で起きている自然災害の恐怖を思うと防災ラジオは必需品なのだと感じていましたので、とてもありがたいことだと思いました。

現在住んでいる場所は平地ではありますが、避難に関する情報などはあまり各世帯には届いていないのが現状で、豪雨などにより、近くを流れている川が氾濫してしまった場合にはどうすればよいだろうかと家族で話したりしていました。しかし、ラジオがあればどこで何が起こっているか、ある程度は把握できることになります。命を守るには大変に重要なことです。迷うことなくラジオを借りに行きました。

貸出場所は決められた出張所だったのですが、やはり多くの方がラジオの貸し出しを受けに来ていました。

いつどこで起きるか分からない災害に備えることは命を守ることになります。停電しても情報が受けられるラジオは命を守るためには必須だと思いました。