自分の体質を知るダイエット

世間には様々なダイエット情報が溢れていますが、やはり大切なのは自分の体質を知ることだと思います。自分にとって痩せやすい食材、痩せやすい運動、血液型、性格による行動パターンを探っていくことで、成果が出やすくなりました。

ビークレンズの効果と口コミ!市販のお店で売ってる場所はある?

結論から、自分の場合は冷え症、タンパク質が足りていない、水分をこまめに摂る習慣が無かったこと、血液型はB型、横着者という特徴があったことがダイエットを通して知ることができました。

まずは失敗例。カロリーが低いからと野菜ばかりを食べるダイエットでした。最初の数日は一気に1?2キロ落ちましたが、それ以降は停滞どころか体が冷えてしまい余計に太り悪化してしまいました。

成功したのは、冷え症を解消するいわゆる「黒い食べ物」ゴボウや人参、さつまいも、純ココア、玄米、黒豆などを意識した食事を腹八分目食べるダイエット、脂身の少ない赤身の肉を食べるダイエット、血液型別ダイエットに基づき、(B型の自分にとって代謝が上がるといわれる)乳製品や赤身の肉や青菜を取り入れるダイエットなどでした。加えて私は便秘体質なので、代謝アップ食材や発酵食品を組み合わせるなど、色々試しているうちに自己流の体重コントロール法をなんとなく習得することができました。

例えばあるO型の友人はお肉を大量に食べますが、痩せています。血液型別ダイエット情報によると、お肉が代謝アップの食材のひとつにあるようです。Aはお魚、Bは鶏肉がNGなど、情報としては興味深いものがたくさんありました。どんな方法であれ、情報を信じる信じないは実行してみてから判断すれば良いと思えば、楽しみにも繋がると思います。

一般的に良いとされる運動は、目安となる消費カロリーが「え?こんなに少ないの?」と感じたことがある方は多いと思います。例えば一時間のウォーキングでもたったの100kcal台なのか、と。しかし、運動不足だった自分の場合はたった1週間、一日1?2時間のウォーキングや早歩きにより4キロ痩せたこともありました。それは目安とされる消費カロリーによるものではないと考えます。ではなぜか?考えられるのは、代謝が上がり体温が上がったこと、運動によりカロリー消費だけでなく便秘が解消され一気に落ち、痩せやすいように体が循環し始めたことなどではないかと思います。

結論、自分を知ることで、自分に合ったダイエットを導き出すのが最良ではないかと思います。